中央区交響楽団って?

中央区交響楽団は、「楽しみ、親しまれるオーケストラとして地域に根ざした演奏活動」を目指して頑張っています。

どんな楽団なの?

団長に聞いてみましょう♪

【Q1】 中央区交響楽団を発足させた理由ってなんですか?
《団長》当時東京23区内で中央区だけ区民オーケストラがなかったので、発足を思い立ちました。
【Q2】 発足当時辛かったことは?
団員が10名少々と、オーケストラとは呼べない状態だったので合奏で音が抜けることもしばしば。
【Q3】 現在の団員には、どんなメンバーが?
高校生から、大学生、社会人や主婦など様々な職業の人たちが集まっています。
いろいろな世代で構成されていて和気あいあいと、およそ70名で活動しています。
【Q4】 このオーケストラいちばんの特徴は?
地域に根ざした活動をモットーに音楽する楽しさを共有するべく、仲良く活動しています。
また、選曲に関しては5回分の演奏会のプログラムを一気に決め、長期的に計画を練っているのも特徴です。
【Q5】 団長をやっていて、”嬉しい”と感じるのはどんなとき?
演奏会のときに常連で来て下さるお客様に 『年々上手くなっていくねーっ』と、そんな言葉を聞いたときですね。

指揮者ご紹介

Yuichi Sato 佐藤 雄一


© 興津修

国立音楽大学教育音楽学科第1類卒業。ピアノを中川和義、西川清子、本橋美恵子、声楽を布施隆治、ヴィオラ・ダ・ガンバを平尾雅子の各氏に師事。また指揮の基礎を小泉ひろし氏に師事した後に独学。
大学在学中に、合唱団「コレギウム・ヴォカーレ東京」を組織して指揮。卒業後も定期的に演奏会を開くほか、小林道夫氏、渡邊順生氏らと数多く共演。 小林道夫氏からは「音に対してこれほどまでに具体的なイメージを持てることは驚異的」との讃辞を受け、そのレパートリーはルネッサンス、バロックに始まり20世紀にまで及ぶ。また若手プロ演奏家による「NENDOオーケストラ」を組織して指揮。
さらに研鑽を積み、限定されていた活動の場を広げるため1999年にパリ・エコール・ノルマル音楽院指揮科に留学。ドミニク・ルイッツ教授に師事。1年後には音楽院初となる飛び級で高等ディプロムを取得し首席で卒業、音楽院史上最高得点に対し審査員特別賞を授与される。 フランスでの指揮活動の後2003年に帰国、プロ、アマを問わず数多くのオーケストラを指揮している。

Yuichi Takubo 田久保 裕一



東京学芸大学音楽科卒業。指揮を伊藤栄一、伴 有雄、汐澤安彦、秋山和慶の各氏に師事、またチェロ、室内楽を黒川 健氏に師事。1980年〜1992年まで12年間、千葉県習志野市にて小中学校の音楽教師を務めるかたわら多くのアマチュアオーケストラを指揮し、レパートリーを広げる。1992年に退職しプロの指揮者に転向。
1992年〜1993年、スイス・ルガノにおいて、リヒャルト・シューマッヒャー氏に、ウィーンにてウィーン国立音楽大学のカール・エスターライヒャー教授、湯浅勇治氏、およびザルツブルク・モーツァルテウム音楽院のハンス・グラーフ教授に師事。
1994年11月、ルーマニア・ブラショフ市で開催された第4回「ディヌ・ニクレスク」国際指揮者コンクールにてグランプリを受賞。また、審査員特別賞「ルーマニア現代音楽演奏賞」と聴衆特別賞もあわせて受賞。
1996年3月より、ほぼ毎シーズン、ブラショフの「ジョルジュ・ディマ」フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会に出演。またスロヴァキア放送交響楽団、ルーマニア国立「ミハイル・ジョラ」フィルハーモニー交響楽団、トランシルヴァニア室内管弦楽団、カザフスタンのアルマトィ市立管弦楽団など、海外のオーケストラとの活動も広がっている。
1999年12月31日、彦根第九オーケストラおよび合唱団を率いて、ベルリンのSFB大ホールにおいて、ベートーヴェンの第九交響曲を演奏、成功に導いた。
2002年8月中国内蒙古自治区の呼和浩特にて内蒙古民族歌舞劇院交響楽団を指導。同団演奏会にて大成功を収める。多大な功績を讃えられ「名誉客演指揮者」の称号を受ける。その後も定期的に訪中し、同交響楽団や芸術大学、師範大学のオーケストラの指導を続けている。 2009年7月、世界遺産コンサートプロジェクトに参加。ベトナムのフエ・阮朝王宮にて東儀秀樹氏、東京ニューシティ管弦楽団と共演し成功を収める。
2010年3月ウィーン楽友協会大ホール「第九演奏会」にて、ベートーヴェン生誕240年記念オーケストラ、合唱団を指揮し成功を収める。2011年9月11日にはニューヨークのリバーサイド大聖堂において、東日本大震災と9.11の追悼演奏会を開催。モーツァルトのレクイエムを指揮し、現地からの絶大な賞賛を受ける。また2013年12月5日のモーツァルトの命日に行われた注目の追悼演奏会で、ウィーンのシュテファン大聖堂にてモーツァルトのレクイエムを指揮し、満席の信者、聴衆とともに没後222周年のモーツァルトに祈りを捧げた。
2014年11月にはモーツアルトの聖地ザルツブルク・モーツアルテウム音楽院大ホール100周年を記念する演奏会にて「戴冠式ミサ」ほかを指揮。マリアプライン教会での日曜ミサでも演奏を果たした。
これまでに、東京シティフィルハーモニック管弦楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京ニューシティ管弦楽団、東京フィルハーモニー管弦楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、京都市交響楽団、京都フィルハーモニー室内合奏団、大阪シンフォニカー、N響団友オーケストラ、ニューフィルオーケストラ千葉など、国内の主要オーケストラを指揮。 また全国のアマチュアオーケストラや合唱団の育成にも尽力、エネルギッシュで熱い人柄で、行く先々で音楽ファンをふやし、地域文化の活性化に一役買っている。また全国各地で指揮法講座も数多く開催している。日本指揮者協会会員。

ピアニストご紹介

Shio Okui 奥井 紫麻


© 渡部孝弘

2004年5月生まれ、現在小学6年生。5歳よりピアノを始め、7歳よりエレーナ・アシュケナージ氏に師事。ウラディーミル・スピヴァコフ国際慈善基金奨学生。8歳でオーケストラデビューし、ソリストとしてロシア・ナショナル・フィルハーモニー交響楽団、モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団、モスクワ・ヴィルトゥオージ、イルクーツク・フィルハーモニー交響楽団、ウクライナ国立フィルハーモニー、マンチェスター・カメラータ、アルメニア・フィルハーモニー管弦楽団、シンフォニエッタ・リガ、アスタナ交響楽団、トルン・シンフォニーオーケストラ、バカウ・ミハイルジョラ・フィルハーモニックオーケストラ、日本クラシックオーケストラと共演。

これまでにボリショイ劇場、チャイコフスキーコンサートホール、モスクワインターナショナルハウスオブミュージック、ウクライナ国立オペラ座、ウクライナフィルハーモニア、アスタナオペラ座、紀尾井ホールなどで演奏を重ね、世界的なピアニストのデニス・マツーエフ氏が芸術監督を務める国際音楽祭”Stars on Baikal”(ロシア)及び”Sberbank-Debut” (ウクライナ)にて、マツーエフ氏と共にソリストとしてグランドオープニングを務めた。

また、”Moscow Meets Friends”(ロシア)、”ArsLonga”(ロシア)、“New Names International Festival of Young Musician-Performers”(アルメニア)、“Salacgriva International Classical Music festival”(ラトビア)、”ArtDialog”(スイス)及び”Chetham’s International Summer School & Festival for Pianists”(イギリス)等の音楽祭に出演し、2015年冬にはロシアの名指揮者及びヴァイオリニストのウラディーミル・スピヴァコフの招待により、モスクワで毎年開催されている音楽祭 ”Vladimir Spivakov invites…”にてスピヴァコフ指揮の下モーツアルトのピアノ協奏曲を演奏し、その演奏はロシアのラジオ・オルフェイにて全世界に放送された。
2016年冬にはパリでのコンサートへの出演が予定されている。

≪受賞歴≫
第1回ウラディーミル・クライネフ モスクワ国際ピアノコンクール ジュニア部門(13歳以下)第1位(ロシア,2015)
第3回ピアニストとヴァイオリニストのための国際コンクール“Citta di Barlassina” ジュニア部門(15歳以下)第1位(イタリア,2015)
第2回アスタナ・ピアノパッション国際コンクール&フェスティバル ジュニア部門(10歳以下)第1位及び特別賞受賞(カザフスタン,2014)
第2回スタインウェイ・ピアノコンクールin JAPAN カテゴリーB(10歳以下) 第1位及び聴衆賞(日本,2014)
第14回ロシア国営文化テレビ主催 若い音楽家のための国際TVコンテスト“くるみ割り人形” ピアノ部門(13歳以下)第2位及び全部門総合聴衆賞(ロシア,2013)
第4回マンチェスター国際協奏曲コンクール16歳以下の部第1位(イギリス,2013)
第10回ウラディーミル・ホロヴィッツ記念国際ピアノコンクール”Horowitz-Debut”部門A及びDカテゴリー(14歳以下)第1位及びウクライナ文化省特別賞(ウクライナ,2013)
第14回ショパン国際ピアノコンクールin ASIAアジア大会小学1・2年生の部金賞第1席及びソリスト賞受賞(日本,2013)
第8回国際音楽コンクール“ヤング・ヴィルトゥオーゾ” Group I(11歳以下)第1位(ブルガリア,2012)
第22回日本クラシック音楽コンクール小学校低学年女子の部第1位グランプリ(日本,2012)
Chetham’s International Summer School & Festival for Pianists(イギリス)奨学生(2013/2014)
東京都教育委員会(2013,2014)、中央区教育委員会(2015)より表彰を受ける。


トレーナーのご紹介

Hajime Kono 河野 肇

武蔵野音楽大学器楽科卒業。園清隆・安原正幸氏に師事。
1969年新星日本交響楽団に入団。1991年同団を退団。以後、フリーランスとして演奏活動を行い、室内楽など、いくつかのアンサンブルを組んでいる。
日本ホルン協会の設立に参加(1988年常任理事、事務局長として)
1995年には日本で初めて開催された「インターナショナルホルンフェスティバルin山形」を大きな成功に導く。現在は常任理事として、事務局などを担当。東京外国語大学管弦楽団、中央区交響楽団のトレーナーとして後進の指導に当たる。

当団では2001冬のコンサート R.シュトラウス/ホルン協奏曲第1番ソリストとして演奏して下さいました。

Kenji Takayama 高山 健児

読売日本交響楽団コントラバス奏者。
大阪出身。東京都立富士高校において、オーケストラと出会い、コントラバスを始める。
早稲田大学卒業後、2年間の録音技師としての生活の中でコントラバス奏者を志し、桐朋学園大学に進学。
同大学卒業、研究科修了。
ソロ、ジョイントリサイタルのほか、ソリストとしてオーケストラと共演するステージも数多い。